うつ病と社会復帰のあいだ 自立支援医療制度
日々、うつ病と向き合い生活をしている元ビジネスマンの過去~現在~未来を綴ります。同じ病を抱える人、その側にいる人ではないと分からない心の交流や、うつ病という病気についての情報発信やコミュニケーションの場となる様なサイトを目指しています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自立支援医療制度

自立支援医療制度に申し込みをしました。

ご存じない方の為に説明を致しますと・・・
平成18年4月から施行されている“障害者自立支援法”の中に、
うつ病などの精神的な疾患の治療にかかる費用の一部を国が
負担してくれる「自立支援医療」という制度があります。

この制度は、精神疾患の治療のため継続的に通院している患者さんが
対象となり、健康保険を使って支払った場合に3割負担となっているものが、
公費による援助によって自己負担が1割になるというものです。


この制度の存在は、発病当初から知っていたのですが、
発病当時、担当医に「自立支援医療制度」の話を持ちかけた際、
意味は不明なのですが、軽くあしらわれたのでした。
今思うと、「自立支援医療制度」と言うものは、医者にとって
手続きなど面倒なものなのか・・・?と、軽く不快な気分になった事を
思い出します。

しかし、もうこの病気も3年目を迎え、会社を解雇され1年が経とう
としている今、医療費が家計に重くのしかかっていることが精神的
苦痛であった為、最寄りの市区町村に設置されている保健センター
(地域によっては精神保健福祉担当課です)へ申請書類を貰い

行き、その足で、かかりつけの病院へ向かいました。

担当医に「もう、経済的にも通院できる程、余裕がない」と、話をしたところ
担当医の口から「自立支援医療制度」の話を持ちかけられたのです。
発病当初は、“軽くあしらった”話を同じ担当医から切り出してくるとは・・・。
私は不快でした。
その話をされたとたんに私は「もう書類を揃えて来ました」と、鞄から出して
見せたのです。
その後、診断書を作成してもらい、申請完了し証書が送られてくるのを
待つのみとなりました。

基本的に診察については信頼をしている担当医なのですが、
この件に関しては、やはり不愉快な思いでした。

病院にとって、この「自立支援医療制度」というものは面倒なものなのでしょうか?
それとも、「うつ病は2~3ヶ月で治るかもしれないから、申請する必要もない」だろう
とか思っていたのでしょうか。今、思うと不愉快極まりない話です。
ネットで色々調べたところ、病院から勧めてくれるケースは希のようです。

今、うつ病治療をされていて、この「自立支援医療制度」を
利用されてない方は是非、申請することをオススメ
します。
この病気を抱えていると、まともに仕事も出来ない方(私がそうです)が多いのでは
ないかと思いますので、生活を逼迫させない為には、利用することをオススメします。

医者からは、勧めてくれない事が圧倒的に多いようなので、自分から話を
切り出して下さい。
その話を曖昧にする先生は、信用ならない可能性があります。
そのときには
「どうして私は申請出来ないのか?」とはっきりと聞いてみましょう。

自立支援医療は、申請時に細かな記入項目のある診断書(所定のフォーム)が
必要になります。そのため、通常の診断書より、料金が高めに設定されている場合が
多いようです。
有効期間は1年間で、通院時に健保適用時の自己負担額が、
3割→1割
になります。
また、前年の収入により、1ヵ月内での自己負担額に、5千円や1万円などの上限が設けられます。

申請から実際に適用(証書発行)を受けられるまでに、2~3ヶ月掛かります。
証書が手元に届けば、申請日までに遡って、返金をしてくれます。
証書が届くまでの2~3ヶ月は、通常の3割負担ですが、
証書が届いたら、申請日以降の領収書を病院や処方箋薬局へ
持って行けば、2割分が返金されます。


ただでさえ、うつ病で苦しんでいるのですから、楽にして貰えるものには
大いに頼りましょう。




◆所得水準による負担額の上限 
(1)一定所得以下のグループ(生活保護を受けているか、住民税が非課税の世帯)

自立支援医療制度1  


◆(2)中間所得および一定所得以上のグループ(住民税を納めている世帯)
所得水準が中間層および一定以上であっても、症状が重度かつ継続治療が必要な場合は“高額治療継続者”に含まれ、上限が設定されています。

自立支援医療制度2
 

例えば、うつ病の1ヵ月の治療費(診療代+おくすり代)が10,000円かかった場合、通常の3割負担だと約3,000円の負担になるのですが、この制度を 利用すると1割負担ですむため1,000円となります。月の治療費がこれ以上にかかった場合は、各世帯の所得水準に応じて上限額が設けられているため(上 記表を参照)、その上限額までが患者さんが負担する金額となります。
健康保険が適用されない自己負担額については対象とならず、また、入院医療も助成の対象外となります。

詳細は各市区町村の精神保健福祉担当課にご確認ください。

【参考】厚生労働省:障害者自立支援法について
http://www.mhlw.go.jp/bunya/shougaihoken/index.html
コメント
No title
始めましてAkiといいます。
地域によって違いもあるようですが、手帳持ってませんか。
うちの旦那も「自立支援医療」は当然申請していますが
この制度を知ったときはたまげましたね。
うちはの旦那は、まだ鬱だけど、生活が出来ないので
ドクターの前で演技までして、鬱症状が軽くなったことを
アピールして、今週半ばから復帰します。
でも再発したら次は解雇になる可能性がありとても不安です。
 だから私、一月前からネットで小遣いを初めて、少しでも
家計にかかる負担を軽くしようと努力中です。
また 遊びにきてください。
2009/11/02(月) 04:38 | URL | Aki #d992xXyk[ コメントの編集]
Re: No title
はじめまして、@くま太郎と申します。

> 始めましてAkiといいます。
> 地域によって違いもあるようですが、手帳持ってませんか。

証書(手帳)の発行には2ヶ月程度かかるそうです。(東京都なんですが)

> うちの旦那も「自立支援医療」は当然申請していますが
> この制度を知ったときはたまげましたね。

これはびっくりしますよネ。
家計に大きく響きますから。

> うちはの旦那は、まだ鬱だけど、生活が出来ないので
> ドクターの前で演技までして、鬱症状が軽くなったことを
> アピールして、今週半ばから復帰します。
> でも再発したら次は解雇になる可能性がありとても不安です。

私も全職場で2度程職場復帰を失敗しまして、最後には解雇されました。
ちょうど去年の年末のことです。
解雇されるのは、うつ病の私には死にたい位の苦痛でした。
何の為に会社で頑張って来たのか、分からなくなりました。
本当に死にたいと思いました。悔し泣きもしました。
Akiさんのご主人がそのようなことにならない事を
願っています。
働かないと食べていけないので、生活を支えるのは
非常に重要ことですから、ドクターの前で演技をして、
鬱症状が軽くなったことをアピールする気持ちは良く
分かります。
念の為、万が一、復帰を失敗した時のご主人の精神的
ダメージというかリスクには、十分にお気をつけ下さい。

>  だから私、一月前からネットで小遣いを初めて、少しでも
> 家計にかかる負担を軽くしようと努力中です。
> また 遊びにきてください。

先程、ブログを拝見しました
あし@つけて、ランキングぽちっ♪しときました(w

何か、ございましたら、お気軽にお声がけ下さい。

ありがとうございました。
2009/11/02(月) 09:26 | URL | @くま太郎 #-[ コメントの編集]
No title
くま太郎さん、こんばんは。
下に書いたサイトご存知?
「塚田史郎 うつ病公的支援アドバイザー-うつ病で生活費を確保」て
サイト。一度資料を送って頂いたら、何度かメールが送られてきていていて、嫌なんだけど
病院のカウンセラーさんに2級になったら、遡ってお金もらえるの?
て尋ねたら”所得によるけど、もらえる場合ありますよ”だって。
こっそり、見るだけ見に行かれては。勉強にはなりますよ。
さて、夕食の片付けしーよう。
2009/11/02(月) 19:50 | URL | Aki #d992xXyk[ コメントの編集]
Re: No title
Aki さん、こんばんは。

今日の夜は一段と冷えますネ。北風が強いみたいで。

> くま太郎さん、こんばんは。
> 下に書いたサイトご存知?
> 「塚田史郎 うつ病公的支援アドバイザー-うつ病で生活費を確保」て
> サイト。一度資料を送って頂いたら、何度かメールが送られてきていていて、嫌なんだけど

塚田史郎氏のことは一応知っています。
彼のサイトも拝見しましたし、無料レポートもDLしました。
そして、AKIさんと同じように、メールがたくさん送られてきます(w
無料レポートに記載されている内容は書き方自体は「ノリが軽い」んですが、
内容そのものは、間違ってないです。
障害年金2について、私も興味があったので、気にななっていたところでした。
特に2級を取得するのは、ハードルが高いと心療内科の医師も口にしているのを
聴いたことがあります。

> 病院のカウンセラーさんに2級になったら、遡ってお金もらえるの?
> て尋ねたら”所得によるけど、もらえる場合ありますよ”だって。

AKIさんが仰っている病院のカウンセラーさんが“所得による”という表現をするのは
ちょっと、意味が不明です・・・。
と言うのが、障害年金自体、所得が云々の話ではないので。
所得=国民年金or厚生年金という意味であるのなら、理解は出来るのですが。
障害年金は2級or3級でも認定をされれば、初診日までに遡って支払いをしてくれます。
遡るとは言ってもそもそも、申請時に既に初診日から1年6ヶ月経過していることが前提
ではありますが。

> こっそり、見るだけ見に行かれては。勉強にはなりますよ。
> さて、夕食の片付けしーよう。

塚田氏はメールでのアプローチとあの軽いノリが、病人の私としては、
あまり気分が良くないので、障害年金2級取得を真剣に考えるのであれば、
他の方の情報商材を購入します(w

私は今、妻の帰宅を待ちながら、このメッセージを書いてます。
夕食は、妻の帰宅後になります(w

ではでは、
ご連絡ありがとうございました。




2009/11/02(月) 20:57 | URL | @くま太郎 #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ブログランキング参加中!




人気ブログランキングへ

人気ホームページランキングへ

相互リンク・ブックマーク






Google登録

Yahoo!登録

MSN登録
うつ病 参考サイト


クリック募金
あし@コミュニティ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

天気予報

-天気予報コム- -FC2-
【うつ病治療】
人気ブログランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。